薬を飲まない。花粉症の基本対策
近年様々花粉症対策がありますが、体内の環境を変えて花粉症の症状を出にくくする基本的な対策について紹介します。
花粉症のシーズンに入れば、何はともあれ花粉症の薬を常用している場合、様々な副作用との戦いもありますよね。
できれば薬を飲まずに、症状を緩和できれば。と考えている人は少なくないはずです。
薬を切らさず飲んでいると気づきにくいですが、花粉症などのアレルギー反応はその日の体調によって強い・弱いと差があります。
『そういえば、休み明けは花粉症の症状がいつもよりましなきがするけど、週末になるときつく出てるような気がする。』
休み明け、しっかり休養を取った後であれば、普段よりも花粉症の症状は軽減されいるはずです。しかし日を追って症状は悪化。週末ともなれば、ここまで症状ひどかった?と思うくらいの花粉症に悩まされ、しょうがなく薬を飲む。という人もいるはずです。
この花粉症悪化のサイクルはなぜ発生するのか?このサイクルの理屈を知ることで、薬をできるだけ飲まずに花粉症を軽減させることができます。
花粉症の症状を軽減させる一番の対策は、しっかり体を休ませること。
免疫やホルモンバランスが正常であれば、花粉症であっても症状は実はそれほどひどく出ることはありません。
睡眠不足やストレスなど、体と心に負担がかかることで、自律神経が乱れ、免疫システムが過剰に反応して、花粉症の症状がひどくなりやすい。と一般的にいわれています。
日々の睡眠をしっかりととり、ストレスをためないようにして適度な運動を心がけ、アルコールを控える。
この規則正しい生活が花粉症対策の基本になります。
一生かけてこの生活を守りなさい。と言うわけではありません。とりあえず、花粉症のシーズンだけでも普段より30分多めに平日睡眠をとる。自律神経の緊張を緩和させるツボを刺激することで神経、そして免疫システムにかかるストレスを緩和するなど、体に優しい対処法を試しながら、花粉症と上手に付き合っていくことを考える。これが花粉症対策の基本といえるでしょう。
Copyright (C) 花粉情報ガイド All Rights Reserved.